2015年01月20日

自転車も講習が義務化

今朝の新聞で今年の6月から、自転車で信号無視や酒酔い運転など14類型の
危険行為を3年に2回繰り返した14歳以上違反者に対し講習を受けることが
義務化される報道がありました。

道路交通法改正でH25.6に交付され2年以内に施行される
自転車に関する3つの法令の残り1つでした。


@検査及び応急措置命令等の規定の整備(H25.12施行済) 
「警察官が、自転車のブレーキについて停止させて検査し、運転者に対し、
道路における危険を防止し、安全を図るため必要な措置を検査命じ、応急の
措置ができないと認められる場合は、自転車の運転を継続してはならない旨を
命じることとなる。」
これはブレーキが付いていないピスト等を対象とした改正でした。

A自転車の路側帯通行に関する規定の整備(H25.12施行済)
「軽車両の路側帯通行は、道路【路の左側部分に設けられた路側帯に限ることとなります。
つまり、路側帯の中も左側通行。」
これは、逆走する自転車を対象としたもの・・・・
そういえば、逆走野郎事件を思い出します。

B自転車の危険な運転を防止するための講習に関する規定の整備(H27.6施行予定)
「交通に危険を生じさせている自転車の運転者(信号無視や遮断踏切立入等の違反を繰り
返す者)に対する講習制度を整備する。」

危険を生じさせる行為とは
▽信号無視▽一時不停止▽酒酔い運転
▽ブレーキのない自転車の利用
▽遮断機を無視した踏切への立ち入り
等が該当する様です。
14類なので残り9の危険行為があるようですが・・・。
さて、どのように取り締まるのか・・・

モチベーションのアップにもなるのでポチっとお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
世の中の左斜め上オッサンを応援する。


posted by のぶちゃん at 23:40| Comment(0) | 自転車通勤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。