2012年05月03日

COOL TEAM COLNAGOのサドルを手に入れる

パーツネタです。
廃盤となったCOOL TEAM COLNAGOのサドルを手に入れました。
このサドルは2008のPlologo社製のCOLNAGO用モデルです。
Plologo_01.JPG

Plologo_03.JPG
Plologo_02.JPG
Z-Carboサドルと比較すると
Plologo_Z_Carbon.JPG

他のCOLNAGOのサドルと重量を比べて見ました。
Z5:305.5g(Plologo製)
Wight_Z_5.JPG
Z3:251.1g(Plologo製)
Wight_Z_3.JPG
COOL TEAM COLNAGO:219.5g(Plologo製)
Wight_Team Cool.JPG
Z-Carbon:114.5g(San Marco製)
Wight_Z_Carbon.JPG

やはりカーボンサドルは、他のサドルの半分以下の重量です。

ちなみに現在CX-1でには、元々Bianchi Nironeに標準で付いていたリーズナブルなサドル
Selle San Marco のPonzaPowerを移植して使ってます。
自分のお尻にフィットしており長距離乗っても痛くなりません。写真は予備で持っているものです。
重量は247gとZ3より若干軽いです。
PonzaPower.JPG

年度によってデザインがが違うようです。2007モデルはロゴが刺繍されたデザインで、
作りが凝っていて一番好きです。

形状を比較して見ました。
SadoleHikaku.jpg

Ponzaはでんぶがサドルの凹みにフィットするので長時間乗っていても痛くならない様です。

自転車関連のブログはこちら左斜め下
にほんブログ村 自転車ブログへブログの励みとなるので、よろしければポチッとお願いします。


posted by のぶちゃん at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | Goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
COOL TEAM COLNAGOはイタリアンな感じが良いですね。
跨ぐとロゴ等が消えてしまいそうで、勿体ない気がします。(´Д` )

それにしても、随分お持ちですね。
やっぱり、痛い(違和感がある)のをガマンするより換えてみた方が良いんでしょうか。
Posted by イガイガ at 2012年05月04日 15:29
イガイガさん

イタリアンなデザインが気にって買ってしまいました。
言われる通り、勿体なくて使えそうにありません

半分は、元々車体についていたサドル何ですよ
Posted by のぶちゃん at 2012年05月09日 07:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。