2011年03月31日

今月の走行記録2011.03

今月の走行記録

自転車通勤の走行距離(15日×21.4km)

今月の、Nironeの乗車は4日。
51.5km(2011/03/5)
51.7km(2011/03/13)
51.4km(2011/03/20)
52.2km(2011/03/26)



Attivo:321km
Nrone:206.8km

合計:527.8km



posted by のぶちゃん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | データ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

CLX2.0納車延期

本日Shopに新車の入荷状況を確認したところ。トラブル発生・・・
入荷はしたが、組立途中でシートポストにガタツキがある事が判明
どうも、フレーム側の内径がプラス誤差、シートポスト側がマイナス誤差の組合せのため
ガタツキが出てしまったらしい。別の物で試すとガタツキが出ない。
しかし色がブイグカラーでは無い、シートポストの取寄せに数ヶ月かかるらしい。
色の異なるシートポストで数ヶ月乗るのは抵抗があった。

問題のフレーム
CLX2.0_NG1.JPG

このシートポストがガタツキが出たもの
CLX2.0_NG2.JPG

来月中旬に次の入荷予定があるのでその車体を回す事ができるといわれので
仕方なく待つことにした。
お楽しみは1ヶ月延期となってしまった。
posted by のぶちゃん at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | CLX2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

ハンドルバー FSA K-Wing Compact

CLX2.0の付属のハンドルバーは、同じFSAのアルミ製Compactなのですがカーボンが欲しいと
衝動買いです。オークションサイトにてポチットしていました。

重量:250g
若干軽量化されたかな?

K-wing.JPG
posted by のぶちゃん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | カスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

3.11 震災発生後の自転車での帰宅

地震発生時、業務中で入居しているビルも大きく揺れた。
船が波で揺れる様な大きな振幅の揺れ方だった。幸い書類や備品等が落ちてくるような被害は無かった。揺れが収まった頃に避難誘導のアナウンス。階段で1階まで降りる指示が出た。入居しているテナントの社員がぞろぞろと階段を下りていく。かなり時間が掛った様に思える。

外に避難してから、数回余震があった。周りのビルを見るとかなり揺れていた。工事中のビルに設置されているタワークレーンのアームが上下左右に大きく揺れ、今にも折れるのではないかと思われた。
余震が収まったころ、中に戻る様に指示が出た、エレベータは利用できないのでまた階段で上がる。高層ビルは、こうゆう時がつらい・・・・

総務より交通情報他の情報が伝えられ、帰宅出来るかどうかの確認が行われた。
自分は、帰宅可能と回答・・・・
しばらくすると帰宅可能な者は上司に報告の後、帰宅との指示が出たので報告して会社を出る・・・

いつも通り、駐輪場を出ると歩道には大勢の人が、駅に方面に向かって歩いる異様な光景が見られた。この時点ではJRは止まっている様だ。

いつものルートを進む。国道1号に出ると両側の歩道には人があふれ、みな横浜の中心部から郊外方向に歩いていた。道路も大渋滞していた。
歩道からはみ出て車道側を歩いている人を避けながら進む。途中からは停電になっていた。家の明かり、街灯、信号機等が全て消え、車のヘッドライトだけが道を照らしていた。信号が消えているため警察官が手信号で誘導していた。これも渋滞の原因になっていたのだろう。
こんな状況で地元に戻ってくると、やはり停電。車が通らない道は真っ暗だった。いつもは、点滅してるライトを常時点灯モードに切り替える。光量の明るいライトで良かった・・・・
無事家に到着、所要時間は1時間半、いつもの3倍かかった。歩行者が車道を歩いていたり、信号が消えていたりして、いつもとは全く異なる道路状況だった。
徒歩の人たちは、もっと時間がかかって帰るのだろう。

家に入ると、家族は、キャンプ用のランタンで明かりを取っていた。キャンプ道具が思わぬ所で役つ。息子が物置から引っ張り出してきたようだ。機転が利く息子だと感心した。
地震直後から携帯がつながらず、家に帰って初めて家族の無事を確認できた。
かみさん曰く『災害伝言ダイヤルにメッセージを入れたけど聞かなかった?』と言われたが、
どうやって聞くのか判らなかった。・・・
日頃から緊急時の連絡方法を決めておく必要性をあらためて痛感した。

その後、自転車のライトを懐中電灯代わりに家の中と周りをチェックする・・・
とりあえず問題はなさそうだ。
停電なのでテレビも見れず。子供が学校の教材で作製した、非常用発電気付きラジオで情報を聞いた。しばらくして映像情報を見たいと思い、車のテレビを付けた。すると全てのチャンネルでCM抜きで地震情報を伝えていた。ここで初めて東北地方の津波の映像を見た。みな無事に避難出来たのだろうか?
日本でこんな事が発生し、旅行で訪れた事もある街も含め、多くの街が一瞬にして姿を消してしまった悲惨な状況に言葉を失う・・・


23:00過ぎにようやく停電から復帰。
この日経験した事を、とりあえづ記録に残す。
posted by のぶちゃん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車通勤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。